TOPスポンサー広告問題は子供時代にある!?


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP考察問題は子供時代にある!?


問題は子供時代にある!?
ジョン・キャパスの「なぜ、「頑張っている人」ほど、うまくいかないのか?」
中に良かれ悪かれ子供の頃に人生のプログラムが潜在意識にインプットさ
れると書いてあります。

発育期というのは、考え、言葉、支持などが、そのまま潜在意識に入って
くるというのです。スポンジのように感じたものを、何の判断もできない
ままに意識が吸収してしまうと。

本当でしょうか?もう二十数年も前に書かれた本ですし。

でも、潜在意識についていろいろと勉強すると、なにかこの説に信憑性が
あるような気はしますね。

私は物心がついて以来、いろんな取り組みを始めるものの、途中まで
はうまくいくんすが、これからって時に限ってモチベーションが急激に
低下して自分からやめてしまったり、予期せぬトラブルがおこって
駄目になったり、元の木阿弥という経験が結構あります。(少年野球を
続けられなかったのが最初だったでしょうか)

私は共働きの家庭で育ち、日曜以外は毎日朝から晩まで働く両親に代
わり祖母に育てられてきました。特に幼い私と妹を置いて働きに出る母
親を恨めしく思った日があったのをはっきり覚えています。

その時に「成功すると子供など家族を犠牲にしてまで朝から晩まで
働かなければならない」「成功者は子供をほったらかしにして仕事に行く
冷酷な人間だ」といったマイナスの情報がインプットされてしまったの
かもしれないな、と(幼い私にとっては父も母も十分に成功者でしたから。
いや、今でも成功者と思いますが)。

で、なにか成功が近づいてくると、成功=苦痛ですから、無意識のうちに
それを破壊するように潜在意識にプログラムされているとか。。。

・・・なんて、ド素人がいっちょまえに自分の心理を分析してみましたが(笑)

自分の駄目なところを育ててくれた両親のせいにするとは、とんでもない
奴かもしれません(;^^)

しかし、もし成功に対するネガティブな情報が意識のどこかにあるとし
たら、修正して効力を消しておかないといけませんね。
スポンサーサイト

カテゴリ:考察
Back | Top Page | Next
Comments
2006/09/24
from 隊長 #- URL
>発育期というのは、考え、言葉、支持などが、そのまま潜在意識に入って
くるというのです。スポンジのように感じたものを、何の判断もできない
ままに意識が吸収してしまうと。

その通りでしょうね...私もこの時期には、自分の夢が全てと言っていいくらい実現していました....

が、高校時代あたりから、マイナスの言葉やセルフイメージを自分に与えるようになり...

人生が想うようには行かなくなってしまいました...

今現在、潜在意識の中をリフォームしております!...笑

諦めず、実現するまで続けますよ!

ふくすけさんを応援しています! ぽちっ!
[ 編集/削除]
2006/09/24
from ふくすけ #- URL
コメントありがとうございます!

>が、高校時代あたりから、マイナスの言葉やセルフイメージを自分に与えるようになり...

>人生が想うようには行かなくなってしまいました...

そういうのって、後で後悔してしまうんですよね(笑)

潜在意識のリフォームっていい言葉ですね。
私も建設的なものに変えていきたいです。

正しいセルフイメージというのも重要だと思います。

私も、隊長さんを応援しています。

では。
[ 編集/削除]

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。