TOP2006年09月


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

成功メールを送ろう
「前回の記事」で紹介した西田光弘さんの「間違いだらけの自己投資」の
なかに「人生に変化を起こす方法」として成功メールが紹介されてい
ます。

毎日、時間を指定して自分の携帯のメアドに自分で考えた文章を送って
おく。毎朝7時に起きる人はその時間帯に配信されるようにしておく
んですね。

起きたばかりで脳波がアルファ波の時に、寝ぼけながら携帯に届いてい
る自分からのメールを読むと潜在意識に目標がばっちり届く!

※携帯×枕元×朝一の成功メール

人生に変化を起こすために、この朝起きた瞬間に「携帯を見る」習慣を
つけておくと効果的らしいです。

私の携帯には自分で時間を指定してメールを送れる設定があるので
(どの機種にもありますね)さっそくやっています。

しかし、成功メールでは自分で考えた、自分のための設定を送らなけ
ればならないのですが、ちょっと悩みますね。大きい目標にするのか、
なるべく近い目標にするのか。

私の場合は、「おはよう、ふくすけ!月収○○○万円プレーヤー目指
して今日も頑張ろう!」なんですが、一応奮い立つような目標なんで
よしとしておこうかな(;^^)てか、もうちょい近い目標の方がいい
かも。。。
スポンサーサイト

カテゴリ:西田光弘

成功の定義
西田光弘さんの「間違いだらけの自己投資」を読みました。

私は起業や1人ビジネスに興味があって、西田さんのメルマガ
も楽しく読んでいます。

凡人が成功するにはどうすればいいかという命題を自分に課し
モルモットになったつもりでいろんなセミナーや教材に数百万円
を投資してきたという体験から、西田さんが考える凡人が
陥りやすい間違った自分への投資について警告を鳴らす一冊と
なっています。

この本の中に成功の定義というのが書かれています。

>成功とは、
>「前もって決めた、自分にとって価値ある目標を、段階を追って
>達成している状態」
>のことです。

成功の定義は人それぞれいろいろとあると思いますが、これは
感銘を受けました。

マラソンでいうと42.195kmを走りきった時点で成功とする
のではなく、5kmや10kmの地点でも、ゴールに向かっている延
長線上の状態は成功ということです。

目標を達成できた時点で成功とするのではなく、そこへ向かう一つ
一つのプロセスを踏んでいる状態をも成功と考えるとすごくポジティ
ブな気分になりますね。

この本では他にも「愛着のわく」自画像という言葉もキーポイントにな
っているんですが、他人の価値観というモノサシでつくった「こうあり
たい」という自画像ではなく、自分の意識の深い部分で愛着のわく自画像
をつくろうという風に解釈しました。

カテゴリ:西田光弘

コア・トランスフォーメーション
ついにこの私も「コア・トランスフォーメーション」を買いました。
潜在意識に「この本から値段の100倍かそれ以上の価値を見出し
続けられるようにしてください」とお願いしておきました(笑)

この本は、自分の好ましくない感情や行動を否定するのではなく
それが実はポジティブな意図をもって自分の中にあることに感謝し
それが本当に望んでいるものに到達させようという画期的なコア・
トランスフォーメーション・プロセスという技法について書かれた
ものです。

いろんな例を取り上げながら読者にも実践できるように詳しく解説
してあります(でも、ちょっと分かりづらいところもありますね)。

さっそく紙とペンを用意してコア・トランスフォーメーション・プロ
セスを自分なりにやってみました。

とりあえず、コア・ステートを体験できたような気がします。
まだ半信半疑ですが、素晴らしい小説を読み終えた後のような心地よい
感動はありました。軽いトランス状態になったような快感でした。

ちなみにパートに年齢を聞いてみると、4才と0才でした。

人生に劇的な変化をもたらしてくれるかどうか分かりませんが、コア・トラ
ンスフォーメーション・プロセスはやってみる価値のあるものだと思います。
でも、独学でどこまでマスターできるかなー。コアトラのセッションとかあ
ればぜひ参加したいんですけど、東京とかでしかやらないのでしょうね。

コアトラ、まだ完読したわけではありませんが、こういう面白い本がアメリ
カでは十数年も前に出版されていたことに羨望を感じました。日本では分厚
い洋書は敬遠されるそうですが、翻訳版を出版してくれた春秋社には惜しみ
ない賛辞を送りましょう(笑)

追伸 戦後数十年経ってジャングルで発見された日本兵の話は、やっぱりウ
ルッときました。自分にとって好ましくなパートも、こういう風に扱って
やれるようになれば・・・と思いました。

カテゴリ:コア・トランスフォーメーション

想像の世界を訪れました
先週の日曜日は、台風13号が九州に上陸し、私の住んでいる地域
も夕方6時くらいから停電してしまいました。

ロウソクだけを灯した暗い部屋で、友人とメールを交換したり、携帯
でネットなんかをするものの、しばらくすると飽きてしまいます。
やっぱり電気というのは生活に欠かせませんね。

そんな暇をもてあましていた時にやってみたのが、安田隆さんの
「誰でもカンタンにできる「気」の本」の中のイメージ法1です。

この技の詳しい方法は、本を読んでくださいね。

まずこの技は世にも美しい場所を想像しなければならないのですが
すぐに「アルプスの少女ハイジ」のアルムの山が浮かんできました。
そこに仰向けに寝ていると想像し、青い空と白い雲をぼんやり眺めて
いました。

すると、向こうの方から原始人のような浮浪者が近づいてきました。
私は軽く挨拶し、タバコと酒を振舞うと浮浪者は横に腰を下ろしリラッ
クスしたようでした。仲良くなれたかどうかはわかりませんが、「な
にかしてほしいことはありますか?」と聞いてその望みを叶えてあげま
した。その後もいろんな住人が表れたので、なんとか仲良くなろう
と努力してみました。で、しばらくしてその世界に別れを告げ帰って
きました。結構楽しかったですね。

想像の中で訪れた世界は無意識の世界だそうです。普段意識化できない
いろんな想いや感情がその世界で擬人化され、それらとコミュニケーショ
ンを取ろうという技法です。

普通この手の技は、想像の中で嫌なものや不快なものが表れた時には
やっつけたりするのですが、仲良くなろうと努力するところが、なにか
癒し系の技だなと思いました。




カテゴリ:安田隆

問題は子供時代にある!?
ジョン・キャパスの「なぜ、「頑張っている人」ほど、うまくいかないのか?」
中に良かれ悪かれ子供の頃に人生のプログラムが潜在意識にインプットさ
れると書いてあります。

発育期というのは、考え、言葉、支持などが、そのまま潜在意識に入って
くるというのです。スポンジのように感じたものを、何の判断もできない
ままに意識が吸収してしまうと。

本当でしょうか?もう二十数年も前に書かれた本ですし。

でも、潜在意識についていろいろと勉強すると、なにかこの説に信憑性が
あるような気はしますね。

私は物心がついて以来、いろんな取り組みを始めるものの、途中まで
はうまくいくんすが、これからって時に限ってモチベーションが急激に
低下して自分からやめてしまったり、予期せぬトラブルがおこって
駄目になったり、元の木阿弥という経験が結構あります。(少年野球を
続けられなかったのが最初だったでしょうか)

私は共働きの家庭で育ち、日曜以外は毎日朝から晩まで働く両親に代
わり祖母に育てられてきました。特に幼い私と妹を置いて働きに出る母
親を恨めしく思った日があったのをはっきり覚えています。

その時に「成功すると子供など家族を犠牲にしてまで朝から晩まで
働かなければならない」「成功者は子供をほったらかしにして仕事に行く
冷酷な人間だ」といったマイナスの情報がインプットされてしまったの
かもしれないな、と(幼い私にとっては父も母も十分に成功者でしたから。
いや、今でも成功者と思いますが)。

で、なにか成功が近づいてくると、成功=苦痛ですから、無意識のうちに
それを破壊するように潜在意識にプログラムされているとか。。。

・・・なんて、ド素人がいっちょまえに自分の心理を分析してみましたが(笑)

自分の駄目なところを育ててくれた両親のせいにするとは、とんでもない
奴かもしれません(;^^)

しかし、もし成功に対するネガティブな情報が意識のどこかにあるとし
たら、修正して効力を消しておかないといけませんね。

カテゴリ:考察

宇宙の法則
そういえば、今年の夏にとある願望が実現していたのを忘れて
いました。

欲しいんだけど、お金で買えるものではないし無理っぽい
なー、というものでしたが「与えるものが与えられる」と
いう宇宙の法則を利用して、まず自分から惜しみなく与え
続けることによって、ある日幸運にもそれが理想の形で手に
入りました。快感でした。

「受け取ることを目的とする与える行為」にも、それな
りに宇宙の法則が作用する場合もあるのかもしれないな、と。

欲しいけれど、受け取れなくてもいいや、別になにも困ら
ないし、っていう軽い感じでやったのがよかったのかもしれ
ません(笑)

カテゴリ:テクニック

鏡よ鏡!? その2
以前に「鏡を使った自己暗示法」を紹介しましたが、続きがあったようです。

①・自分の念願を一つ選ぶ。
 ・寝がけに鏡に顔全体を映し、眉間に意識を集中させる
 ・二人称で「お前(あなた)は、○○になる」と命令する(呼びかける)
例:お前は仕事(勉強)が好きになる
 ・真剣に、ただ一度、小声で行う
 ・実現するまで継続する
②・①と併用して、寝がけに行った暗示を今度は目が醒めた時に
 一人称で断定する
 ・「僕(私)は○○になった」と確信をもって自分に聞こえるようにいう
 ・こっちは一日中何回でも。

これが完全版(?)です。

カテゴリ:自己暗示

ペンジュラムを購入して・・・
「ペンジュラム」を使ってさっそく「ダウジング」をしてみました。
五円玉で練習していた時の質問をもう1回。

心を無心に、100㌫ニュートラルな状態でできたかどうか
わかりませんが。

恋愛の望みが叶った時の気分や感じを色で例えると「若草色」
になりますか?と質問すると答えはイエス。これは確定かい?

「自他ともに認める恋愛強者になることができた☆」という願
望が実現した時の気分や感じを色で例えると若草色になります
か?と質問すると、これも答えはイエス(笑)
ほんまかいな~。この私が若草色のパワーで恋愛強者になれたとした
ら、まさに現代の魔法って感じ(;^^)

私の意識で考えた「どんどん金持ちになっている」という願望
は、潜在意識にとっても心地よく、到達し、達成する喜びがあ
るものですか?と質問すると答えはノー。
やっぱり意識の深いところに金持ちに対するネガティブなイメー
ジがいろいろとあるのかもしれません。。。

私の意識で考えた「豊かな生活を手に入れる」という願望は~
(以下略)と質問すると、ペンジュラムがぐるぐる回りだしまし
た。あれれ~?豊かな生活というのも、潜在意識にとっては
ジャストフィットな願望ではなかったのでしょうか。

私の意識で考えた「バラ色の生活を手に入れる」という願望は~
(以下略)と質問すると、答えはイエス!
う~ん、バラ色の生活は潜在意識にとってジャストフィットな
願望なのか?手に入れられるものなら、ぜひ潜在意識さんに協力
していただきたい(笑)はやくお願いします。

ペンジュラムを使ってダウジングをすると、なかなか楽しいです。
ペンジュラムにも愛着が湧いてきますね。

カテゴリ:ダウジング

ペンジュラム
どんぐり型のベンジュラムを購入しました。商品+送料+手数料で
3360円でした。さっそく潜在意識に「このペンジュラムを有効に
活用し、値段の100倍かそれ以上の価値を見出し続けられるように
してください。」とお願いしておきました(笑)

いまから1カ月くらい前までは、ペンジュラムを購入してまで
「ダウジング」に真剣に取り組むとは思ってもいませんでしたが
我々人間には意識という狭い視野しか与えられていないので、こ
ういう潜在意識と簡単にコンタクトをとれるような方法をマスター
しておくと、いろいろメリットがあるのではないか、と思います。
最終的には、自分の頭で判断しなければならないわけですけどね。

そういえば、安田さんの「何にでもすぐ効く「気」のコツのコツ」 にふりこ占いの
コツが書いてありました。他人がやっているのをながめるように
第三者的な視点を体得するといいそうです。

心を無心に、ニュートラルに、他人がやっているのをながめる
ような感じで。これがダウジングのコツのコツ?

いままで練習で使っていた五円玉はコンビニの募金箱へ。
お疲れさん!

さて、あとはゆっくり1人で静かにダウジングの練習に励める環境を
手に入れるという願望を実現するだけだ(笑)



カテゴリ:ダウジング

自己啓発スパイラル
もう自己啓発書や成功哲学書、精神世界の本などは、運命的な
出会い(笑)とか、これを読むべきというメッセージを受け取る
までは、自分からは求めないようにしようかと。

特に自己啓発書は世の中に無数にあり、どれもよさそうな題名と
刺激的な宣伝文句で、あれもこれも読んでいたらキリがない。

このままでは、車輪の中をぐるぐる回り続けるハムスターと同じで
たんなる自己啓発書好きで終わってしまう。

精神世界の本も、文字だけを目で追っていては何も学べない。
というか、透明感のあるピュアなメッセージは少し苦手(笑)
チョプラ博士の本とか面白そうですけど。
「迷ったときは運命を信じなさい」を去年読んだけど、あまり記憶に
ない。あー、そうだ、シンクロについて書いてあった。
図書館で借りたんで、1回読んだだけで終わってしまったんですが
ちょっともったいなかった気がします。

これからは自分がやりたいことを実現するための資格を取ったり
専門的な知識やスキルを身に付けたりするための勉強などに時間を
使おうかと。

自己啓発スパイラルから抜け出そう。

などといいつつ、また自己啓発書に手を伸ばす自分が想像できます(笑)

カテゴリ:日記・雑文

続・燃やす男
いきなりですが、私の意識の深いところに金に関するマイナスの
情報があったとしたら、といろいろと考えをめぐらせる時があります。
そういう時には、幼いころに母親からいわれた

「お金はいろんな人が手で触ってるから汚いのよ」

という言葉が頭に浮かんできます。私が硬貨を口に含もうとして
いたんでしょう。記憶があるということは、もう赤ん坊ではない
程度に成長していたはずで、恥ずかしいですが(苦笑)

ひょっとするとあの時に「金はいろんな人間の手垢にまみれた汚いもの」
というマイナスの情報が潜在意識にインプットされたのかもしれないな、と。

もしそうならば、意識では金が好きで欲しいと望んでいる、しかし潜在意識
では金を汚いものと思っている、という不一致をおこしているかもしれ
ません。なんらかの対処法を考える必要がありますね。

とりあえず「紙に書いて燃やす」クレンジングはしてみました。

潜在意識さん、その情報ははやく消去してください(笑)

しかし、金にはそれを使った人間の想念みたいなものが入っていたりするん
でしょうか?なんらかのエネルギーがあるような気がしますね。
金の持つエネルギーをポジティブな方に活かせればいいんですけど。


カテゴリ:浄化(クレンジング)

変を感じる エピソード2
「変を感じる」ところに膏薬を張ったり冷やしたりっていう安田さん
のメソッドを久しぶりにやってみました。

私がいま抱えている悩みや問題を考えた時に変になるところ
は、胸のあたりがぎゅーっと締め付けられるような感じなんで
すけど(恋愛の悩みではないですよ(笑))、その変な感じを
ピークの状態にし、手をパーにして胸全体をポンポンポンポン
と軽く叩き続けていると、なにかスッキリするというか気持ちが
前向きになりました。変な感じが抜け出ていったというか、自分
に憑依していたものがどこかにいったというか。スイッチを切る
ことができたんでしょうか。リアルに効果が感じられました。

以前は変を感じるところを思いっきり冷やしたところ、悔しい
思いをしていた場面でうまくいくようになったりして不思議な
体験をしましたが(偶然とは思えませんでした)この問題は
どうなるのかまだわかりません。しかし、スッキリできるいいメソ
ッドだと思います。

カテゴリ:安田隆

燃やす男
「第11番目の鍵」の中に、著者のロバート・シャインフ
ェルドが、外出先で無視されることが続いたために、見え
ないネットワークに「この男を無視しろ」というマイナス
の情報が流れているに違いないと確信する話があります。

実は私もそんな感じでの、ちょっと悩んでいることがあり
まして、少し落ち込んでいたのですが、見えないネットワー
クにマイナスの情報が流れているのか?と思い、考え方と行
動を少し変えてみると同時に、思い当たるマイナスの情報を
「紙に書いて燃やす」
クレンジングをやってみました。

この情報を消去してください~、と念じながら(;^^)

さっそく効果があったのか、半日後には、その悩みは(いま
のところ)解消し、かなり嬉しかったです。魔法かい。

ささいな悩みの解消だったんですが、喉の奥に刺さった骨が
取れたような、快感というか気持ちのよさはありますね。

マイナスの情報も、あまり深刻でないものなら行動を変えたり
紙に書いて燃やすだけで消すことができるのでは?と思いまし
た。

カテゴリ:浄化(クレンジング)

シンクロ
「9月4日」に恋愛に関する願望が実現した時の気分や感
覚を色で例えると、若草色(黄緑)になるのか?という記事を書き
ました。

爽やかな緑系の色が、自分にとっては恋愛の望みを実現
するパワーを与えてくれるのだろうか?などと成人男の
くせに少年少女のようなちょっと恥ずかしいこと考えている
と、その瞬間からやたらと黄緑色のものがいろんなところ
で目に付くようになり、これはシンクロというよりも、意識
が向いているせいだな、と思っていました。爽やかな緑系の
色は意外と身近なところで、いろんなものに使わているの
だ、と。

しかし、部屋でくつろいでいると、どこからきたのかバッタが
ぴゅんぴゅん飛んでいて、笑ってしまいました。

若草色じゃなくて緑だよ、というメッセージかもしれま
せんが(笑)

なんのこっちゃ。

6pbox-1-19fd.jpg

カテゴリ:シンクロニシティ

紀子さま 男子ご出産
41年ぶりですか。歴史的な慶事ですね。明るいニュースでした。

カテゴリ:日記・雑文

メンタルバンク
ジョン・キャパスの「なぜ、「頑張っている人」ほど、うまくいかないの
か?」を偶然手に入れて読みました。これは私に読めというメッセージな
のか?(笑)いや、なぜか家にあったんですけどね。家族の誰かが買ってた
んでしょう。少しドキッとしました。

なぜかというと、この本は実現くん氏のブログでも取り上げられていて、評
価はあまり芳しくなかったのですが、コメント欄でメンタルバンクを実践し
ている方が仕事で大きな飛躍を得られつつあるという経験談を書かれており、
興味があったのです。

メンタルバンクとは、自分自身や生活を向上させるためにやるべきこと(対
価活動)を時給に換算し、毎日ノートなどに記入して残高を増やしていくこ
とで、やるべきことを先延ばしにしないようにすると同時に、潜在意識のプ
ログラムを成功や豊かさの方向に書き換えていくというもの。誰にでも実践
できそうな簡単な方法です。成功例もかなり載っていてやってみようかな?
という気にさせられます(まあ、この手の本には、失敗例が載っていること
はほとんどないですが)。

自分がやりたいことを実現するための専門知識を身に付けたり、技能を磨く
など、やらねばならないことをつい先延ばしにしてしまう私にとってはいい
本かもしれないです(笑)

また自己啓発書によくありがちな安易な希望的観測に基づくプラス思考を
ズバリ斬っているところなどは少し痛快でした。

M2テクニックなどでクレンジングを繰り返し、現状から望む結果へとワー
プしていく感じの願望実現法はかなり面白そうですが、自分にできるかどう
かっていうのはありますね。私はできませんでした。こういうコツコツ毎日
積み重ねていく方法の方が続けられそうな気がします。

こういう本がいまから二十数年前に出版されていたアメリカってすごいな~。

しかし、このブログでは比較的知られた本ばかりで、読者の皆様に目新しい
本などの情報をあまり提供できていませんね。ごめんなさい。今後頑張りた
いと思います(笑)


カテゴリ:紙に書く

安田隆さんのメソッドで色紙を使ったものがありますね。
仰向けに寝て目をあけたまま色紙をかぶるというものです。
それをやるためには、自分の願望が実現した時の気分や感じ
を色で例えなければならないのですが、それが難しいな~、と
いつも思っていました。

そこで「ダウジング」で聞いてみることに。

豊かな生活という願望が実現した時の気分や感じを色で例えると、さわや
かな水色になりますか?と問うとイエスになりました。うん、これは予想
通り。

恋愛や性的な願望が実現している時の気分や感じを色で例えると○○色に
なりますか?

この問いの答えはなかなか出なかったのですが、ようやく若草色(黄緑)
でふりこがイエスの方向に揺れてくれました。

う~ん、恋愛や性的な願望が実現した時の気分を色でいうなら若草色に
なるのか・・・(笑)目から鱗が落ちました。

んで、これを書いている時にふとテレビを見ると画面の文字テロップ
の色がちょうど若草色に。プチシンクロかい?

カテゴリ:ダウジング

僭越ながら
僭越ですが、私ごときが願望実現のプロセスを考えてみました。
実現くん氏のブログにも似たような記事がありましたね。

・願望が人生の使命と目的に一致している
・その願望は実現すると確信する(とりあえずプラス思考から)
・その願望が潜在意識にとっても、心地よく、到達し、達成する
喜びがあるもの(意識と潜在意識がぴったり一致している)か
どうか確認する。不一致であれば、何らかの対処法を考える。
・インプットに成功する(潜在意識に一発でしっかりと届けば)
・必要であればクレンジングを行う
・願望の実現に固執しない
・しかし、いつ実現してもいいように準備はしておく
・潜在意識からの「いまだ、GO!」というサインを見逃さず
にしかるべき時期がきたら思い切って行動に移し、現状から望む
結果にうまく到達する。
・実現を大いに喜ぶ。

こんな感じなのかな?サッカーや野球の監督が頭の中に思い描い
ていた選手起用や戦術、采配がズバリ的中し試合に勝った時の
ような快感があるでしょうね。まぁ、世の中そんなに甘くないです
けど。「世の中そんなに甘くない」という想念をクレンジングすれば
いいのかな(笑)

なぜかわからないけれど実現してしまったっていうのが私には
一番いいんですけどね(笑)他力本願?

カテゴリ:願望実現のプロセス考察

水平変換
最近暇な時は、安田隆さんの「誰でもカンタンにできる「気」の本」から
能力開発法4をよくやっています。これは、いま自分が解決したい
問題に匹敵する別の問題を10個以上考え(これを水平変換というそう
です)、さらに続けていくうちに「知の力」が発動しその問題が処理
されだすという技で、私はこういうのが好きなんですよね。

例)私がタバコをやめたいのは
・パチンコ依存症にパチンコをやめさせるのと同じ
・痒い水虫を掻くのをひたすら我慢するようなもの
・思春期の少年にエッチなことを考えるのをやめさせるのと同じ
・稲川淳二に怪談をやめさせるのと同じ
・ニート歴10年以上の人間にサービス残業月150時間以上の
ブラック企業で働かせるようなもので不可能っぽい
・主婦の集まりでペチャペチャ世間話をやめさせるのと同じ
・ナマケモノに10km全力疾走させるようなもの
・ネットゲーム中毒者にネットをやめさせるようなもの
・女性に化粧をやめさせるのと同じ

などなど、水平変換を続けているとかなり疲れるのですが、だんだん
面白くなってきて、腹のそこからクスクス笑いがこみ上げてきます。
そしてそこからさらに続けなければならないそうです。

火事場のクソ力で問題解決。

カテゴリ:安田隆
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。