TOP2006年03月


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

眠りながら成功する
ジョセフ・マーフィーの「眠りながら成功する」上下巻を読みました。

斉藤一人さんは、100回読んだという話を聞いたことがあるのですが
私はようやく三回目です(笑)

「昼も夜も私は自分が関係しているあらゆる面で繁栄させられようと
している」というアファメーション。

失業中に「神さま、私の富に対して感謝します」と祈り続けた結果、奇跡
的に職に就いた男性の話。

「信仰とはまだないものをイコールで結ぶことである」というウィリア
ム・ジェームズの言葉。

智慧を求めにきた少年とソクラテスの逸話。

「あなたがするのを恐れていることをしなさい。そうすれば、その恐怖が死ぬこと
は確かです」というレルフ・ウォルド・エマソンの言葉。

「人が心の中で考えるところ、それがその人である」聖書の言葉?

ここらへんが今回は印象に残りましたね。



スポンサーサイト

カテゴリ:真言・アファメーション

WBC 日本優勝!
日本がキューバを10-6で下し優勝しました。

個人的にMVPはイチローですね(韓国戦の上原もすごかったけど)。

実はこの大会は、イチローにとって、野球人生で初めての「JAPAN」。
日本で、大リーグで数々の金字塔を打ち立てた男だが、
日の丸をつけて戦ったことは一度もなかった。

「初めてジャパンの帽子をかぶったとき、本当にうれしかった。
子供のころ、初めて買ってもらった野球帽みたいに…。
みんなより早く、帽子だけアメリカへ送ってもらったんですよ」。

鏡の前に立って、脱いではかぶり、何度もまわってはほほ笑んだという。
だから勝ちたい。
このユニホームを着て世界の頂点へ上り詰めたい。
イチローの「日本」には“野球少年の想い”がこもっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060320-00000001-san-spo


カテゴリ:日記・雑文

食で運命は決まる!?
今日は江戸時代の観相学の権威である水野南北先生の異色
の開運法を紹介します。

先生は相貌により吉凶を判断し千人を超える弟子を持ち名人
と称されていたのですが、富貴長命の相を持ちながら貧窮短
命のものがあったり、逆に貧窮短命の相がありながら実は
富貴長命のものがいて、大いに悩み壁にぶち当たっていま
した。

そしてある日人の吉凶禍福夭寿は、食事を慎むか慎まないか
によることをつきとめたというのです。

「私はこの数年間、観相を業としてきたが食の大切さを知ら
ずにいた。そして貧窮短命の相があっても裕福で長寿の者が
ある。また富貴で延命の相でも実際には貧窮短命の者があり
観相学ではその人の運命の吉凶を明白に言い当てることは
出来なかった。

そしてこのごろようやく人の運命の吉凶は、食を慎むか慎ま
ないかという一点にあることを悟るようになった。

そうして人を観相する場合、まず食の多少を聞きそれによって
その人の生涯の吉凶を占えば万に一つも外れないことに自信を
深めこれを私の観相法の奥義・極意とした。

私はこの法を世間の人に勧めるために、私自身生涯米飯を
食わず米から出来ているものは餅類といえどもこれを食せず
一日に食べるのは麦一合五勺と決め、酒は大好きであるが
これも一日一合と決めて、それを実行している。

これはすべて自分のためではなく、世の人々に飲食節制の
手本を示すためである。

食事量が少ない者、つまり食の細い者は人相学上不吉な相で
あっても運勢は吉であり、それなりに恵まれた人生を送り
若死にしない。特に晩年が吉である。

食事がつねに適量を超えている者は、人相学上は吉相であっ
ても体調を崩しがちである。手がもつれるなど末梢神経に
障害を生じやすく、一生ストレスに悩まされ、晩年の運勢は
凶である。

食事が常に適量である者の運勢の吉凶は、人相学の判断通り
である。 」

とのことです。私もなるべく食は一日二回の腹八分にしよう
と心がけてきたのですが、なかなか(;^^)

食いたい飲みたいという欲求に勝てるかどうかが、運の分か
れ目かもと思うと、食をおろそかにはできませんね~。

カテゴリ:運を良くする

スイッチを入れる
とある掲示板で願望実現モードに移行するためのスイッチを
レクチャーしている方がいたので、その人の方法を紹介した
いと思います。

>そのスイッチとは、睡眠です。
>寝る前に、自分にこう言い聞かせて下さい。
>「朝、目覚めた時、自分は、経験したい世界にいる」と。
>そして、目覚めた時、こう確認して下さい。
>「この世界は、自分が経験したい世界だ」と。

>想像しながら創造行為を続け、朝晩このスイッチを入れ
>続ければ現実は変化します。

>忍耐が必要です。 信頼も必要です。 想像力も必要です。
>そして継続が不可欠です。 みんながそれぞれ創造した
>世界は、個人個人周波数が異なります。 パラレルワール
>ドに近い思想ですね。

いま実践しているのですが、それなりの効果があるように
思います。
たいした願望ではないのですが、ある願望が実現しました
し。

毎朝毎晩スイッチを入れて自分が経験したい世界に周波数を
合わせ移行する。

精神世界的な技ですね。

カテゴリ:テクニック

蝋燭に火をともす
以前遠藤周作さんの「眠れぬ夜に読む本」を読んだことがあります。

遠藤さんが、死後の世界や潜在意識に深い興味を持っていることを
知りました。

で、そのなかに願望実現法があったので紹介します。

・蝋燭に火をともし前に置いて、それを凝視する。深呼吸を続けながら
凝視し続けていると、はじめは色々な雑念やイメージが飛び交うが、次第
に無意識、無心の状態になっていく。
 この無心の状態になったときに自らが「こうしてみたい」「こうありた
い」と思うことを具体的にまぶたの裏に思い描く。
 グアムに行きたいなら、白浜や海を心に思い描き、白い雲や青い海を
想像する。そこで遊んでいる自分の姿も考える。 
 これを毎日繰り返すと必ずグアムに行けるだろう。

蝋燭を凝視していると無心の状態になるのは知りませんでした。

なんだか集中力がつきそうな技ですね。


カテゴリ:テクニック

肩書き
野口嘉則さんの「人生を飛躍させる3ヵ月間ワクワクチャレンジ」を読ん
でいます。

「人生を飛躍させる3ヵ月間ワクワクチャレンジ」

野口さんの濃いブログから特選された90の記事を読んでいろいろと勉強
中です。

で、「言葉の力 その6」という記事を読んで自分で作る肩書きのことが
書かれていたので早速実践してみました。

このブログでなんと名乗ろうかと考えたときに思いついたのが願望実現プ
レイヤー(;^^)

「願望をスポーツやゲーム感覚で実現していっている人間」という意味
です。

もっといい肩書きが浮かんだらと思いますが(汗)これでいこうかと思い
ます。




カテゴリ:セルフイメージを高める

もう一回
前回の記事に書いた技をもう一回実践してみました。

現状のフープに入ると無性にイライラしてきて気分が悪くなり、ブレーク
した後に望む結果のフープに入ると呼吸が楽になって胸を張りたい気分に
なりました。

問題、結果を体感するとはこういうことなのかな?

なかなかいい技っぽいので、効果があってほしいところです。

カテゴリ:安田隆
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。