TOP考察

このカテゴリーの記事



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

No.1理論
西田文郎さんの『No.1理論』を読みました。

No.1理論―ビジネスで、スポーツで、受験で、成功してしまう脳をつくる「ブレイントレーニング」
No.1理論―ビジネスで、スポーツで、受験で、成功してしまう脳をつくる「ブレイントレーニング」西田 文郎

おすすめ平均
stars定期的に読むことで・・・
stars教育現場に携わる人に読んで欲しい!
stars自分はできて当たり前と思うこと
stars出し惜しみせずにもうちょっと!
starsこの本を読んで得られたこと。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

10年前の1997年に出版された本なのですが

・ウキウキワクワク状態になろう
・心のブレーキを外す
・人は「思い」の通りに生きている
・「できない」から「できる」へ
・ツキを呼ぶ人とつきあおう

などなど、かなり時代を先取りしている内容で、私が手にした本書の奥付を
見てみると2006年10月30日第25刷と書かれており、10年経っても、いまだ
に読まれ続けていることが分かります。書いてあることは全く色褪せてない
ですね。

この本で目から鱗がぽろっと落ちたのは、「ビジネスでの成功はスポーツよ
り簡単」だと説かれていることです。

確かに、スポーツで一流になることの難しさを考えると、ビジネスで年収1
000万円を実現するほうが遥かにやさしいだろうなあと思います。

「ビジネスでの成功は難しい」という心のブロック(思い込み)を外すこと
ができただけでも、この本を読んでよかった。

といっても、スポーツと比較するとビジネスで成功するのは簡単だというこ
とであり、あまり字義通りに受け取ってはいけないと思いますけど(汗)

成功の条件として「メンタルヴィゴラス状態」になることが重要らしいです。
「メンタルヴィゴラス状態」とは、趣味やスポーツなど楽しいことに熱中し
ている、仕事に没頭しているなど、人が最も力を発揮する状態で、これは安
田隆さんも「波動干渉と波動共鳴」で、コングレクト(意識と無意識の一致)
という言葉で説明されていますね。

この「メンタルヴィゴラス状態」で仕事や蓄財に励めば、ほぼ望んだ結果が
得られるであろうことは想像できます。現実的な目標ならば、確実にクリア
できるでしょうし、いまは夢でしかないようなことでも、いつか実現できる
かもしれません。

先日、高校野球を観戦しに球場に足を運んだんですが、ヒットを打ったり守
備でファインプレーを見せたり、レギュラーで活躍している球児は、この
「メンタルヴィゴラス状態」で野球に取り組んでいることが、ビンビン伝わ
ってきました。

またひとつ、良書を読んでしまった。いやいや、読むだけで終わってはいけ
ませんが(笑)



↑「できない」から「できる」へ
スポンサーサイト

カテゴリ:考察

幸せテクニック
津留晃一さんの『幸せテクニック』を久しぶりに読み返しています。

津留晃一さんのHPはこちらです↓

「津留晃一の世界」

M2テクニックも風船と銃のテクニックも、残念ながら自分には効果はあり
ませんでしたが、物理の法則がそのまま心の法則にも当てはまるという津留
さんの思想・哲学は興味深いですね。

この津留さんのエッセイ&セッション集では、巻頭からいきなり「意識を向
けているものが現象化する」という話からはじまります。

私たちは、普段何気なく、どんな時にも何かに意識を合わせており、その
「意識の焦点」がピタリと合っているものを現実世界に引き寄せいている
と。

虫眼鏡で太陽光を集め黒い紙を焦がすという子供の頃の遊びを思い出します
ね。太陽光も一点に集めることで火を熾(おこ)すことすらできます。

我々人間もこのように(普段は無意識のうちに)意識の焦点を合わせたもの
を現象化しているので、自分が今、なんに「意識の焦点」を合わせているの
か、その自分のクセに気づくようにして、欲しくない現象を引き寄せないよ
うにしようと説かれているわけです。

うーん、確かに説得力はあるような気がするのですが、良いことも悪いことも
全て自分の意識がフォーカスしたものを引き寄せているという思想にはまだ
少し疑問が残るのです。

この世には神も仏もなく自分の身に降りかかることは全て自分の意識が引き寄
せたもの。苦難もそれは神が与えた試練などではなく、自分が引き寄せている
ので、フォーカスを切り替えることでクリアできるのでしょうか?なんか裏技
っぽい気がしますね。

とりあえず、この思想が真理かどうかは自分で確認するしかありません。欲
しいものに意識の焦点を合わせ、欲しくない現実を引き寄せないようにする
という実験を行いましょう(笑)

というか、これに関する記事はこのブログを始めてすぐ書いていました
(苦笑)忘れっぽい。

http://fukuchin76.blog37.fc2.com/blog-entry-7.html

意識の焦点を欲しいものに合わせるコツがあればいいんですけどね。紙に書く
視覚化する、宝地図をつくる、強く願う、う~ん。。。

↓あなたは今、なんに意識の焦点を合わせていますか?



カテゴリ:考察

自己啓発スパイラル EP3
読書が好きな私はよく本を読みます。活字を目で追っているとなにか落ち着
くんですね。そして、そんな自分がよく手にしているジャンルのひとつが、
いわゆる成功本とか自己啓発書、願望実現系の本だったりするわけで(笑)
17才の時に「あなたは思いどおりの人になれる」という成功本に出会った
のですが、それ以来この手の本を何冊読んだかな。いま手元にあるだけで
軽く15冊は超えてます。

あなたは思いどおりの人になれる (1976年)
あなたは思いどおりの人になれる (1976年)桑名 一央

産業能率短期大学出版部 1976
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

※成功本としては、なかなかポイントを抑えた良書です。

成功本を読んで成功者になるつもりだったんですが、いつのまにか成功本
コレクター&批評家になっています(苦笑)あらら~。成功本を読めば読
むほど「私は成功していないから、こういう本を読むのだ」と自分に宣言
しているようなもので皮肉なものです。まさにパラドックス。成功したい
なら、成功本を捨てて行動せよ、ですか?

ボロボロになっているにもかかわらず着慣れた部屋着をなかなか捨てられ
ない人間のように、慣れ親しんだ日常やセルフイメージに愛着があり、そ
れが壊れるような気がして成功を夢見るものの、成功するための行動を起
こすのが不安なんでしょうか。まさに心のブレーキです。まずは成功本を
すべて処分する、という行動を起こすところからはじめましょう(笑)

しかし自分の成功願望というのはどこからきているのか最近よく考えてい
ます。自分は成功者になれるはずだ=自分は特別な人間だ=パンピー(一
般ピープル)とは違う存在なのだ、という自己愛から成功願望が生じてい
るのだとしたら、ちょっと恥ずかしい人間ではないかと(苦笑)

いつか白馬に乗った王子様のような人が迎えにきてくれるのでは・・・と
いう少女の心理と同じかもしれないですね(笑)

カテゴリ:考察

歯車
潜在意識を活用して願望を実現するには、意識と潜在意識の一致が必要である
ことを学びました。意識と潜在意識の歯車が「カチッ」と噛み合うと、現実を
動かせるくらいの信じられない力が発揮されるのでしょうか。



ゴゴゴゴ・・・

逆に意識レベルでの望みであり潜在意識にとって不快な願望は、いくら視覚
化しようと、紙に書こうと、望む結果を得た自分になりきって生活しようと、
宝地図を作ろうと、あらゆることをしても潜在意識の力で実現することはあり
えない(?)。歯車が噛み合わない。。。

お笑い芸人が舞台で一生懸命ネタを披露して客を笑わせようとしているにも
関わらず、客席は「シーン」と静まり返っているようなもの。こ、これは
寒い。

お笑い芸人・・・顕在意識 客・・・潜在意識

棚から牡丹餅的に実現する場合もあるでしょうが、それだと受動的で面白く
ないですね。潜在意識のツボにはまるような願望をインプットするコツのコ
ツをマスターしないと。

カテゴリ:考察

ファミ・コンフォート
ファミコンにどっぷり浸る少年時代を送った私。PS3が出ようとWiiが
売れようと、ファミコンのドット絵がいまでも好きだ。ゼルダの伝説やドラ
ゴンスレイヤー4など音楽も素晴らしいゲームもいっぱいありました。
もちろん糞ゲーもいろいろありましたけどね。

そんな自分にとってヒットした番組が「ゲームセンターCX」。よゐこの有
野晋也が家庭用のレトロゲームのクリアに挑戦したり場末の寂れたゲーセン
でまったり遊んだりしてるだけなんですがこれが面白い。

ゲームの腕前がヘタウマな有野だけあって1つのゲームをクリアするまで失
敗あり、笑いあり、感動ありで目が離せない。自分も押入れの奥に眠ってい
るファミコンカセットで遊びたいという想いを強くしていました。しかし、
肝心のファミコン本体はもはやボケボケで、カセットを差し込んで電源
を入れても画面には青なのか紫なのかよく分からない変な色が出るだけ。

そんな折に愛知から一時期里帰り中の友人とアミューズメントパークに遊び
に行くと、ルーレットタイプのプライズゲームの景品にファミコンを発見!
いや、正確にはファミコンのバッタモンの「ファミ・コンフォート」でし
た(笑)妖しい互換機とはいえ欲しいってことで挑戦することに。コインを
入れてルーレットを回し、針が止まった数字の分だけ景品が置いてある台が
梃子のようにググッと上がっていき、2回くらいであっさりゲット。年末大
サービスということで、ぬるい設定だったのでしょうか。

自宅に帰ってさっそくロックマン2を差込んで電源を入れるとちゃんと動
く(笑)童心に返って遊んでみました。全部クリアしましたよ~。手が痛
い(汗)

欲しいものを思わぬ形で手に入れるという望む現実をいい感じに選択でき
た出来事でした(大げさ)。

しかし自分の願望実現はスケールが小さい(笑)まあ、潜在意識にとって心
地よく達成する喜びのある願望は実現しやすいというのを確認できたので
良しとしよう。

もっと有意義で社会に貢献できて、潜在意識にとっても心地よく到達する
喜びのある願望を設定できるようになると、いい感じに現実が動き出す気が
するんですけどね。




カテゴリ:考察
| Top Page | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。